ナビゲーション・タブ
見出し

 インターネット上の海外現地情報には、現地を知ってもらうこと自体が仕事である各国の大使館や政府観光局が作成したサイトや、現地で見聞したことや感じたことをぜひ知ってもらいたいと考えている個人が作成したサイトなど、直接の見返りを期待しないで情報を提供しているサイトが数多くあります。これに対し、何らかの商業的な利益を期待して読者に情報を提供しているサイトもあります。以下のリンクはこのような商業的なサイトへのリンクです。

 商業的なサイトの代表は、これまでガイドブックや旅行記を出版してきた出版社のサイトでしょう。自社の出版物の宣伝のためにインターネットではほんの「さわり」だけを提供している出版社があるかと思えば、自社のブランド力を背景にサイトの運営自体で利益を挙げるために閲覧者に多くの情報を提供しているようにみえる出版社もあります。後者の場合、従来のガイドブックに記載されていたような、かなり詳細な情報がインターネット上で無料公開されていて驚くこともあります。

 以上のほか、上記のプライベートなサイトを運営しているうちにそれ自体がビジネスになってしまったサイトもいくつかあります。このようなサイトはアクセスが増えることが利益につながるので、情報の更新や充実にかなり力が入っています。
 

ホーム/ リンク集/ 特集/ 新着情報
ガイドブックなどの出版社のサイト
ViaMichelin(英語)
これは大変なサイトです。かのミシュランの「赤本」(Guide Rouge)の内容を完全にオンラインで調べることができます。ホテルやレストランの電子メール・アドレスが掲載されている(もちろんすべてではありません)のも便利な点でしょう。また、欧州内の運転ルート検索サービスも提供されています。これらがすべて無料かつ目障りな広告もなく使える(2000年12月現在)のですから、脱帽です。
 
地球の歩き方
日本の読者参加型自由旅行向けガイドブックの元祖、ご存じ「地球の歩き方」のサイトです。さすがにガイドブックに掲載されるような情報網羅している訳ではないものの、各国の公式情報へのリンクなど基礎的データは充実しています。また、海外でのインターネットの利用法に関する姉妹サイト「地球のつなぎ方」も参考になります。
 
Lonely Planet(英語)
上記「地球の歩き方」のモデルとなったバックパッカー向けガイドブックのサイトです。掲載されている現地の情報の質と量は、一般的な日本のガイドブック顔負けで、英語を読むことがそれほど苦にならなければ、現地情報の収集にはこのサイトから始めるのがよいかもしれません。テキスト版があるほか、国別のリンク集も大変充実しています。
 
Fodor's Travel Online(英語)
Lonely Planetがどちらかといえばバックパッカー向けだとすれば、こちらは一般向けのガイドブックとして英語圏で定評のあるガイドブックのシリーズの出版社のサイトです。ホテルなどの予約サービスもあります。
 
旅行人
蔵前仁一さんが主宰する個人旅行者向けの雑誌「旅行人」のサイトです。
 
旅天国
トラベルジャーナル社の海外旅行情報に関するサイトです。
 
TJ Web News
こちらもトラベルジャーナル社が開設したサイトです。どちらかといえばプロの旅行関係者向けのニュースが中心となったサイトです。
 
イギリス情報ガイド
朝日新聞インタナショナル・リミテッドが提供している、イギリスの現地情報が大変充実したサイトです。無料メールマガジン「e-MAG」の購読申し込みもできます。
 
ページのトップに戻る
 
その他のサイト
オーストリアなんでも情報
オーストリア政府観光局の協力の下、ウィーンから発信されるホットな現地情報です。
 
Thais(英語)
イタリア諸都市の観光ガイドのサイトです。2002年8月末現在、ローマ、フィレンツェおよびコモの情報が提供されており、今後拡充されると予告されています。博物館・美術館の開館情報など、実用情報が充実しています。
 
ワイワイプラネット
海外在住の日本人向けの口コミ情報が掲載されたサイトで、イサイズトラベルの一部です。旅行者にも参考になる情報がたくさんあります。
 
FamiNet
海外赴任、留学、出張が決まってから帰国までの総合情報サイトを謳っています。準備、子供の教育、引っ越しの方法などについての情報が検索できます。
 
トラベルコちゃん
海外情報を含む総合的な旅行情報に関するサイトです。スチュワーデス日記のような読み物もあります。
 
TTL
ニュージーランドの旅行会社Takamasa Travel Limitedのサイトです。観光情報を中心とするニュージーランド現地情報が充実しています。
 
Fuji Guest House
ネパールはカトマンズにあるゲストハウスのサイトです。ホテル情報にも掲載しましたが、ネパールでインターネットに接続するノウハウなども掲載されているので、こちらでも紹介します。
 
Los Angeles最強ガイド
現地のElephant Toursという旅行代理店が運営するサイトです。「当社のサービスを利用すればロサンゼルスで行かれないところはありません。」とのことです。
 
WorldWeb Travel Guide(英語)
英国、オーストラリア、カナダ、米国など、主としてアングロサクソン系の諸国の旅行情報が満載のサイトです。掲載されているホテルなどの予約もできるようになっています。
 
VisIT Europe(英語)
2002年8月末現在、欧州の11都市(アムステルダム、バーゼル、ベルリン、ダブリン、エディンバラ、ハイデルベルグ、リュブリアナ、マリボル、オロムゥク、パドアおよびザグレブ)についてガイドが収録されています。日本ではなかなか情報が得られないような都市の情報が比較的コンパクトにまとまっている点で利用価値が高いでしょう。ちなみに、アイルランドの旅行代理店が運営しているサイトらしく、上記各都市関連の予約サービスも提供されています。
 
World Executive(英語)
ホテルの情報提供が中心ですが、世界の140以上の都市のガイドも収録されています。
 
ページのトップに戻る
 
Copyright 2000 - 2002, tabilinks.com